料金案内

法人破産

ステップ法律事務所の法人破産は、お客様のご負担にならないよう、一般的な法律事務所より低価格、業界最安レベルに設定しております。

弁護士費用 350,000円(税別)~

※ご事情により、分割払いも可能です。詳細はお問い合わせください。

法人破産には、大きくわけて2つのパターンがあります。

パターン1)法人にお金がある場合

法人にお金が残っている場合、法人の持つお金の中から

  1. 裁判所に納める費用
  2. 弁護士費用

を出していきます。

法人破産のご事情は会社それぞれです。
ご事情にあわせて柔軟に手続きを進めさせていただきますので、まずはお電話などで詳しい内容をお聞かせください。

パターン2)法人にお金がない場合

法人にお金がない場合、「裁判所に納める費用」「弁護士費用」をどう工面するかを考えることから始まります。

現預金がない場合でも、将来、売掛金が入金される予定がある、という方の場合は、将来入金予定の売掛金で手続きを進める方法が、費用負担の少ない方法です。

将来入金予定の売掛金がない場合でも、なんとかしてお金をつくりだすことを考えます。

当事務所はそのための経験が豊富です。
状況次第で、様々な方法が考えられますので、まずはお電話などで詳しい内容をお聞かせください。

【将来入金予定の売掛金で手続きを進めた建設関係事業者の事例】
元請からまわされる仕事が減ったり、入金も遅れたりして、公庫や信用金庫から運転資金を借り入れたもののそれでも足りず、従業員の給料も遅配・未払いが続き、この先1月ほど仕事が入るめども立たずどうしても事業継続が困難で…という状況の中で、ご相談をいただきました。

どうするのが本当にいいのかを話し合い、会社と個人の両方の破産手続きを進めることになりました。

破産手続きの依頼時には、会社にはほとんどお金が残っていませんでしたが、法人破産の弁護士費用や裁判所に納める予納金その他は、入ってくる予定の売掛金から出すことができましたので、代表者個人からの持出しでの費用負担がなく済みました。

ステップ法律事務所では、これまでに様々な業種の破産を行っています。

無料相談にて現状をお伺いした後、無料でお見積りを提示いたします。

その経験と実績を活かし、的確かつ迅速に対応いたしますので、まずはお電話ください。フォームにご入力いただくと、破産無料診断もできます。

※法人破産は全国対応しております。

お問い合わせはこちら