任意整理のデメリットについて

任意整理のデメリットは自己破産や個人再生に比べると少ないですが、3つのデメリットがあります。

  • 信用情報に事故情報が記録され、クレジットカードやローンの利用が難しくなる(ブラックリスト入り)
  • 債権者が任意整理に応じてくれない場合もある
  • 借金の支払いは残る

任意整理の3つのデメリット

信用情報に事故情報が記録される(ブラックリストに載る)

任意整理をすると、信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に事故情報として、債務整理をした記録が残ります。

この、信用情報機関に事故情報が載っている事が、いわゆる「ブラックリストに載る」と言われる状態です。

実際に「ブラックリスト」という物が存在している訳ではありません。

信用情報機関とは、個人の借入や返済の延滞などの情報を収集している機関のことで、加盟している貸金業者はこれらの情報を共有しています。

貸金業者は、信用情報機関の情報を参考にして、借入の審査を行っているのです。

事故情報がある事は、貸金業者にとってマイナス要素ですので、カードやローンの利用などに影響が出る可能性があります。

クレジットカードやローンの利用が難しくなる

信用情報機関に事故情報が載っている(ブラックリスト入りしている)と、新規でクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする事が難しくなります。

任意整理の対象外にしたクレジットカードも、途上与信(カード使用中、定期的におこなわれる審査)の時に事故情報が見つかると、使えなくなる可能性があります。

任意整理による事故情報の登録期間は約5年です。

事故情報が記録されている間は、クレジットカードやローンの利用が難しくなります。

しかし、登録期間が過ぎれば、事故情報は抹消されますので、その後は新たな借入が可能になります。

銀行口座が凍結されることがある

銀行系カードローンや、銀行からの借入を任意整理の対象にすると、その銀行に預金口座を持っている人は、一時的に口座が凍結されてしまいます。

弁護士に任意整理を依頼すると、任意整理の対象になっている借入先に受任通知を送ります。

銀行は受任通知を受け取ると、その人の口座を凍結してしまいます。

銀行は少しでもお金を返して欲しいので、預金口座のお金と借金を相殺するために、口座を凍結して任意整理をする人がお金を引き出せない状態にします。

ただし、三菱UFJ銀行や三井住友銀行など、大手都市銀行などでは、保証会社による保証手続きが済んで銀行内の処理が終われば、また使えるようになります。

口座凍結によって、どのような困り事が出るのかは個人個人によって事情が異なります。

どのようにすべきかは、相談の際に弁護士がご説明しますのでご安心ください。

債権者が交渉に応じてくれない場合もある

任意整理は、「債権者(お金を貸した人)と交渉して借金を減額する」方法ですので、債権者が交渉に応じてくれなければ任意整理で借金は減額できません。

貸金業者の中には、任意整理には応じない業者や、任意整理の和解には条件がある業者もいます。

また、借入期間がかなり短い場合や、支払いの滞納が何度も繰り返しあった場合も、任意整理に応じてもらえない事があります。

自分の場合は応じてもらえるのかどうかは、弁護士との相談で確認ができますので、ぜひお気軽にご相談ください。

借金の支払いは残る

自己破産とは違い、任意整理は借金の返済が無くなる訳ではありません。

また、個人再生の様に大幅な借金減額ができる訳では無いため、場合によっては、任意整理をしてもあまり借金が減らないという人もいます。

ただし、任意整理を依頼したら、引き直し計算で高額な過払い金が見つかり、大幅な借金の減額や完済ができたというケースもあります。

保証人や車に影響がある借金は対象外にできる

保証人がいる借金を任意整理した場合、保証人に請求をされてしまいます。

また、自動車ローンを任意整理してしまうと、ローン支払い中の車は引き上げられてしまいます。

そのため、保証人に迷惑をかけたくない場合や、車を手放したくない場合は、保証人がいる借金や自動車ローンを任意整理の対象から外しておきましょう。

もし、どうしても保証人がいる借金を任意整理したい、という場合は保証人も一緒に任意整理をすれば、保証人が請求をされる事は無くなります。

ただし、保証人も任意整理をするという事は、保証人の信用情報に事故情報が残る事になりますので、よく話し合って、慎重に手続きをしなければいけません。

お問い合わせはこちら